お見合いマナー

お見合いなんて当分自分には関係ない事柄なんて考えていませんか? 恋愛していても、いつお見合いする機会がくるともかぎりません。

ある日突然にお見合いの話が舞い込んできてもあわてなくてすむように最低限のマナーくらいは知っておきましょう。。ここでは、昔から受け継がれているオーソドックスなお見合いマナーだけでなく、最近広がっているものまで紹介しましょう。
その日のために準備をしておいても決して損なことはありませんよ!!

◆お見合いマナー(事前準備)
お見合いの日時と場所の決定
お見合いを勧められたら
お見合いで用意する書類とは
お見合いを依頼する場合
お見合いマナー(準備編)
>>続きを読む
◆お見合いマナー(当日)
お見合いの基本マナー 席次と費用
お見合いの服装マナー
お見合い大作戦!お見合いマナー(当日編)
>>続きを読む
スポンサードリンク
◆お見合いマナー(後日)
お見合い後の流れ お見合いマナー(後日編)

>>続きを読む
スポンサードリンク

お見合いマナー百科の新着情報

お見合い後の流れ お見合いマナー(後日編)

お見合いが終わってからの流れをみてみましょう。
その後のごく一般的な流れをお話します。

☆報告⇒お見合いが終わって帰宅したら、当日中に世話人にお礼を兼ねて報告の電話をします。
「今日はいろいろ楽しくお話ができました。お世話になりありがとうございました」という感じです。

お見合い マナー

しかし、この時点ではまだ今後交際するかどうかの結論は出さなくても大丈夫です。

☆お見合いの返事⇒2、3日以内が一般的ですが、遅くても1週間以内には世話人に交際に進むかどうかの意志を伝えましょう。

※おつきあいをしたい場合
是非交際させていただきたいと、率直に伝えましょう。

※お断りする場合
できる限り早めに世話人へ返事をします。直接世話人のお宅を訪問して、預かった写真、書類もすべて返却しましょう。立て替えてもらった費用、お礼を用意し、今後のお見合いを再度お願いすればよいでしょう。

なお断る理由は、相手を傷つけるようなことは避けてください。
一例として「このたびは勝手申しました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」
「大変ありがたいお話ですが、あまりにご立派な方で私とはつりあわないように思います」etc、当たり障りなく。

※もう少し考えてから返事をしたい場合
「交際=結婚」というわけではありませんが、お付き合いはしたいものの、結婚を前提にした交際には躊躇してしまうこともあります。返事を少し待ってもらいましょう
「勝手を申しますが、今しばらくお返事を待っていただけますでしょうか」
冷静に状況判断し、周囲のアドバイスも聞いてからお返事しましょう。


☆交際が始まったら
お互いのOKの返事を世話人に伝えた時から交際が始まります。
本人同士で連絡を取りあってOKですが、できれば男性から直接女性に連絡してデートに誘うのがスマート。

二人だけで会うばかりでなく、お互いの家を訪問して家族を紹介したり、友人を交えて会うことによって、相手の違った面が発見できるかもしれません。

二人の結婚の意志が固まったら、すぐに世話人へ報告しましょう。

☆交際をストップしたい
交際を重ねていくうちに相手の長所も短所も当然わかってきます。どうしても結婚へと進めそうにない時は、交際をストップすることになります。
2~3回会った程度なら世話人から相手へ断ってもらいますが、会った回数が多ければ、直接本人から話すほうが、気持ちを理解してもらいやすいかもしれませんね。
いずれにしろ、決断は早めに。長引かせるのは良くありません。

☆世話人へのお礼は
お見合いがうまくいった時でも、まとまらない場合でも、双方がそれぞれお礼をします。だいたい現金(2~4万円が相場)やそれ相応の品物を届けるのが一般的です。この場合の表書きは「御礼」「薄謝」とします。

お見合いが成功しめでたく結婚が決まり、世話人に媒酌人として引き続きお願いする場合は、結婚式を終えてからまとめてこれまでのお礼をすればよいでしょう。菓子折などの品物に現金を添える形で渡しますが、この場合の表書きは「御礼」「寿」として両家連名です。一般的に金額は世話人から頂いたお祝いの2倍程度が相場とされています。


お見合いの良いところは、最初からお互い結婚の意志を持って出会うということなので、結婚までの流れがスムーズです。

このお見合いマナーを参考にして臨めば、ある日突然お見合いの話しが舞い込んできても大丈夫ですよ。

お見合いの基本マナー 席次と費用

いよいよお見合い本番のときがやってきました。今回ここでは世話人や付添人がいる場合のお見合いの状況について記載しておきます。最近では世話人や付添人を除いての本人同士が1対1で会うケースも増えています。その場合は席次は考えなくていいです。

お見合いの基本がわかったところで、席次と費用などについて少し補足があります。

☆席次⇒お見合いの世話人の指示に従い、自分勝手には決して座らないようにしましょう。

☆お見合いの費用負担⇒世話人や男性が負担する場合もありますが、最近は男女双方で折半するのが一般的です。
また、世話人が立て替えて支払った場合は、後日実費より若干多い目の金額でお礼としてするのがマナーです。

お見合いに難しい特別なマナーはありませんが、最低限の常識は忘れないようにします。たとえば、こんなことはマナー違反となりますので注意しましょう。

※あまりなれなれしく話しかけない、節度を持って敬語を使うようにすること。

※自分のことばかり話さない。聞き上手になりましょう。

※喫煙は出来れば控える。(というより喫煙しないのがベストです)

※携帯の電源は必ず切っておくこと。

※思想、政治、人種、宗教などのデリケートな話はNG。

※自分や身内の自慢話はやめましょう。

※過去の恋愛についての話題は避ける。

※相手の収入、学歴のことはダイレクトに聞かないこと。

※返事は後日紹介者を通してが基本。当日相手に直接伝えないこと。


結婚したくても出会いがなければ、前には進めません。なかなか相手にめぐり合う機会がない方が多いかもしれません。そんな中で、日本伝統の独自のシステムである「お見合い」が注目されています。
基本的なマナーさえ知っていれば大丈夫。さあ、あなたも一歩ふみだしてみませんか。

お見合いの服装マナー

お見合いの服装はどんなものがふさわしいでしょうか。
男性は大体スーツで間に合いますが、女性は少し迷いますね。
その場にマッチした、相手とバランスの取れた服装が大切です。

ここで見合いの服装で最も注意しなければいけないことに触れておきます。男女ともに同格の服装にすることが大切なのです。

同格の服装にすることは、どのような場面でのマナーにも共通することではあります。お見合いする男女および世話人が、ちぐはぐな服装にならないよう注意しておきましょう。

☆女性の服装
派手過ぎず、控えめなワンピースや、やわらかい印象のスーツが無難です。
当然、華美なアクセサリーや極端に肌を露出するのもNG。いかにも高価なブランド物だとすぐわかるのも好ましくありません。
とにかく第一印象が大切です。

☆男性の服装
普段から着慣れた無難なスーツでOKです。服装以外にもヘアスタイル、爪、靴下、靴などに気配りを忘れずに。さわやかな印象が第一。清潔感をアピールできるように心がけること。

☆紹介者や付添人の服装
主役の引き立て役ということを忘れずに。派手にならず控えめで、落ち着いた服装がよいでしょう。

お見合い当日の服装としては、ことさら華美にする必要もありませんし、特別な服装をしていくこともありませんが、だらしない服装を避けて上品な服装を心がければ全く問題はないでしょう。

会う場所にもよりますが、普段の自分をそのまま表現できる服装がいちばんです。しかしあまりカジュアルにしすぎるのは考えもの。男女とも少しあらたまった感じの外出着がオススメ。
当日の服装は世話人に相談しておくと間違いないでしょう

【お見合いに関する新着情報】
フィード